2017-02-16

Q.パーマの強さはどうやってコントロールするんですか??

Q.パーマの強さはどうやってコントロールするんですか??

A.ロッドや薬剤など色々な要素でコントロールしています。

パーマをかける時に考えるのは、ロッドのサイズ(下の画像↓)、薬液選定、ベースとなるヘアスタイル、ダメージ、持っている髪のクセ、日々のスタイリングの仕方などたくさんあります。

基本的にロッドが細ければ強くかかり、太ければゆるくかかります。

巻き方にもいろんな巻き方があります。

髪を引き出す角度、髪をひっぱる強さ、ロッドを何本巻くか、髪の毛先・中間・根元など、どこからロッドに巻きつけるか?

薬液も髪のダメージ具合に合わせながら選びます。

傷みがちな髪には優しいもの、健康で強い髪にはパワーのある薬剤。

健康な髪に弱い薬液をつけて長く時間をおいてもかからないし、傷むだけだったりします‥。

髪の量はどれくらいすいているか?

前のパーマは残ってるか?

薬液は浸透しやすそうか?

いつもどんな風に髪のセットするかなぁ?

などなどたくさんのことを考えながら

巻いています。

今こう書いてみて、色々考えてるなぁとしみじみ思いました

いえ、さらに細かくいえばもっとあるのですが、飽きられてダラっとしそうなのでこのくらいに。

そうして色々な要素がうまくかけ合わさることにより、

炎の美容師の「パーマの完成です!!!」

今宵はおすすめのムースワックスとともに‥(在庫あり〼)


Kenji Suzuki
原宿、銀座などで、幅広い年齢層や、さまざまな髪質のお客様を担当させていただきながら、14年の経験を積んできました。 ほどよい抜け感のある決めすぎない、毎日のスタイリングが楽なヘアスタイルを提案させていただきます。 カラーやパーマ施術でも、お客様ひとりひとりの髪質・クセ・状態を見極めて1番適した薬剤を選定し、髪の傷みを最小限に抑えながら、自分の新たな一面を発見するお手伝いをさせていただきます。
関連記事