2018-12-12

カラーリングの時、いつも頭皮がピリピリしやすい方へ。来店前にできる〝かんたん〟予防対策。

最近、初めてお店にご来店いただいたお客様で、

いつもカラーリングの施術時に

・頭皮がピリピリする

・頭皮がかゆくなる

などの症状があるというのを、よく聞きます。

カラー剤の刺激って嫌ですよね‥。

もちろん刺激に敏感な方にも、快適にカラーリングを楽しんでいただけるように、

〝低刺激のカラー剤〟

〝頭皮を守る保護剤〟

などを使用したりしています。

大体の方はこれで対応できているのですが、

中にはカラー剤の刺激に対して〝さらに〟敏感な方もいます。

そんな方は、

サロンでの保護

自分でも頭皮を保護する事ができることを知ってもらえたらと思います。

その方法とは、

「美容室に来る前日は、シャンプーをしない」

です。

簡単ですね。

これは、シャンプーをすると、頭皮の油分が洗い流されてしまうので、

頭皮にダイレクトにカラー剤の刺激を受けやすくなるんです。

だから、前日の夜などはシャンプーを控えていただくだけで、

地肌から自然に分泌する油分によって地肌に膜ができ、

簡単に頭皮を保護する事ができます。

この事をお客様に伝えると、よく聞かれる質問が二つあります。

Q.洗ってないと、汚い気がして、美容院へ行くのが気が引けます‥。本当にいいんですか?

→はい。一日洗わないくらいでは、ほとんど気になりません。ただ、余りにもワックスやスプレーがついている場合は気になると思いますので、つけないようにするか、少量などにしてコントロールしていただければと思います。

また、お客様の中には2日くらい前から洗わないようにしている方もいましたが、全然平気でした。

Q.ちゃんと染まるんですか?

→基本的にカラー剤は、地肌の油分が残っていてもしっかりと染まります。多少スタイリング剤がついていても染まるので、心配しないで大丈夫です。

低刺激のカラー剤や、頭皮の保護剤を使用しても、どうしてもカラー剤がしみやすいという方はいらっしゃいます。

ですが、

〝自分でも簡単に頭皮を守れる事〟を知っているだけで、

カラーリング時の地肌の刺激は〝さらに〟軽減できます。

「カラーリングはしたいけど、しみるのは嫌なんだよなぁ」

って思っている方がいましたら、ぜひお試しくださいね。

また、特に敏感な方は、

頭皮の状態をしっかり診断させていただき、快適にカラーリングをしていただけるように、さまざまな提案もさせていただいています。


Kenji Suzuki
原宿、銀座などで、幅広い年齢層や、さまざまな髪質のお客様を担当させていただきながら、17年の経験を積んできました。 ほどよい抜け感のある決めすぎない、毎日のスタイリングが楽なヘアスタイルを提案させていただきます。 カラーやパーマ施術でも、お客様ひとりひとりの髪質・クセ・状態を見極めて1番適した薬剤を選定し、髪の傷みを最小限に抑えながら、自分の新たな一面を発見するお手伝いをさせていただきます。
関連記事