2017-05-25

お店の可愛い看板〇〇から学ぶ人間心理。

今、世間ではハリネズミがブームらしいですね。

最近お客様から聞くことが多いです。僕もテレビでそんな特集を見たことがあります。

実は、そんなハリネズミブームが訪れるずっとずっと前からお店ではハリネズミを飼っていました!

看板ハリネズミのハリー君(心の中で勝手に命名)

とってもおとなしいヤツなんです。

見た目のトゲトゲしさとは裏腹に、まるでゴムボールのような柔らかさをもっています。

基本はシャンプーブースを拠点に昼夜活動しているようで。

シャンプー台への移動の時に、毎回頭?を撫でていく常連の方もいるほどの人気者。

そんなハリー君は、どこの生まれなのかなと調べて見たら、なんとスリランカ!

鉛筆の芯の原料の黒鉛がたくさんとれるスリランカ、ボガラ鉱山の、あのスリランカ。

(小学生の時の国語の教科書が役にたつ日がきた)

(お腹部分アップ)

そんな遠くから、皆様の笑顔に会うために渡日してきたなんて本当にけなげっすね。

そんな彼を見るたびに、

「一見トゲトゲしく近寄りがたい人でも、ちゃんと向き合ってみれば実は良い人かもね」

と、強いメッセージ性を感じるのはきっと僕だけではないはず。

ご来店の際は、ぜひぜひ可愛がってあげてくださいね!

期間限定!チェキで一緒に写真撮影

¥1500円(+TAX)

大好評につき期間延長致します

「一緒に撮影しまチュウ」

はい、ウソです。生き物をそういう風に利用するのは個人的にはあまり好きではありません。

なので、好きなだけ一緒に写真を撮ってSNSにアップしたり、インスタ映え意識したり、撫でるついでにホコリをとってあげたりしないでくださいね〜!

以上、動物大好き鈴木でした。

失礼します。


Kenji Suzuki
原宿、銀座などで、幅広い年齢層や、さまざまな髪質のお客様を担当させていただきながら、17年の経験を積んできました。 ほどよい抜け感のある決めすぎない、毎日のスタイリングが楽なヘアスタイルを提案させていただきます。 カラーやパーマ施術でも、お客様ひとりひとりの髪質・クセ・状態を見極めて1番適した薬剤を選定し、髪の傷みを最小限に抑えながら、自分の新たな一面を発見するお手伝いをさせていただきます。
関連記事