2017-05-24

釣りタイトル、釣り広告にはご注意を!?

先日、前から気になっていた、近所の公園にある釣り堀へ行ってみました。

名前は清水池公園。

ここは、釣り竿のレンタルなどもなく、エサも売っていません。

魚はいるから自由に楽しんでね。的な感じでした。

前に買ってから、あまり出番のなかった釣り竿を引っさげ、エサはコンビニで魚肉ソーセージを買ってみました。

共食いですかね。

釣り糸を垂らすこと数分後、なんと、大きな鯉がかかりました!

鯉が重くてなかなか釣り上げられずに苦戦していたら、隣のおじいさんが「網も持ってねぇのか!」と声をあげながら、長い特殊な棒を使って針から僕の鯉を外してしまい、鯉は釣り上げる前に水の中へ消えていきました。

すいません初めてなもんで‥。と謝りつつも、また釣りを開始。

数分後に、また鯉がかかり、おじいさんとまったく同じやりとりがありました。

すいませんシロートなもんで‥。

鯉は釣り上げる前に水の中へ消えていきました。

それからは何も釣れませんでした。

どうやらここは、ヘラブナ(小さい)だけをチョロッと釣って、すぐリリースする釣り場みたいでした。

周りの釣り人を良く見てみると、おじいちゃん率が驚異の97.8%超え。超高齢化社会を目の当たりにしつつ、此処はまだ自分には早すぎたなと思いました。

帰り際にさっきのおじいさんに声をかけると、「次は網持ってこいよ」と優しいお言葉。

目頭が特に熱くはなりませんでしたが、優しさにふれた気がしました。

(魚にふれたかった、鯉の写真撮りたかった)

そして、また40年後‥と公園を後にしたある暑い日の出来事でした。


Kenji Suzuki
原宿、銀座などで、幅広い年齢層や、さまざまな髪質のお客様を担当させていただきながら、17年の経験を積んできました。 ほどよい抜け感のある決めすぎない、毎日のスタイリングが楽なヘアスタイルを提案させていただきます。 カラーやパーマ施術でも、お客様ひとりひとりの髪質・クセ・状態を見極めて1番適した薬剤を選定し、髪の傷みを最小限に抑えながら、自分の新たな一面を発見するお手伝いをさせていただきます。
関連記事