2017-05-11

Q.パーマはどんな仕組みでかかるのですか??

Q.パーマはどんな仕組みでかかるのですか??

A.髪の内部の結合を1度切り、ずらして再結合させる事によりパーマがかかります。

髪の内部にはシスチン結合という結合があります。

これをパーマの1剤の作用によって1度切り離します。

次に髪をロッドで巻いていきます。

そうするとロッドの形状に合わせて、シスチン結合のズレができます。

そのズレた状態でパーマの2剤を塗布して、再結合させてしっかり固定します。

この工程で髪にパーマがかかります。

また、ストレートパーマも同じような原理です。

ウネウネの髪のシスチン結合を、1剤をつけて1度切り離し、真っ直ぐにした状態で2剤を塗布して再結合させると、髪がストレートになります。

なかなかに複雑なことが髪の内部で行われているんですね。

言葉だけですと少し理解しづらいかなと思いました。

そして、わかりやすい例えを思いつきました。

学生時代のフォークダンスで、一緒に踊り始めた異性から、どんどん円が回転して少しずつズレていき、違う異性の場所で音楽が止まる。

コレわかりやすくないですか??

そしてついでに、あの甘酸っぱい思春期も思い出しませんか?!

手が触れるか触れないかにドキドキしていたジュニアハ‥中学の思い出。

「パーマとはフォークダンスのようなものである。未だ見ぬ出会いが貴方を待ちうけている」

ースズキ・ケンジー


Kenji Suzuki
原宿、銀座などで、幅広い年齢層や、さまざまな髪質のお客様を担当させていただきながら、14年の経験を積んできました。 ほどよい抜け感のある決めすぎない、毎日のスタイリングが楽なヘアスタイルを提案させていただきます。 カラーやパーマ施術でも、お客様ひとりひとりの髪質・クセ・状態を見極めて1番適した薬剤を選定し、髪の傷みを最小限に抑えながら、自分の新たな一面を発見するお手伝いをさせていただきます。
関連記事