2018-01-08

新成人と、成人の日をすでに迎えてきた方にも贈りたい言葉。

今日は成人式でしたね。

あいにくの天気でしたが、新成人の皆さんはきっと楽しめたのだろうと思います。

お客様に、成人式の美容院は忙しいイメージがあるとよく言われます。

ですが、これは美容院によってけっこう違いがありますね。

大々的に成人式の予約を受けつける美容院もあれば、そうでない美容院もあります。もともと着付けもやらない美容院もありますし。

また、お客様の年齢層や、営業スタイル、お店の場所によっても変わってきますよね。

成人式の式典などは午前中から始まるなどで朝が早いから、それに合わせて美容院も超早い開店になります。

ですので、たくさんの人数の着付けやセットやメイクなどをするお店は、真っ暗な4時とか5時から始めたりのお店もありますね。

新成人も美容院もどちらも早朝から大変ですよね。

でも、一生に一度のイベントで、前々から当日の髪型はどうしよう?とか、着物はどれにしようか?などを考えるのはきっと楽しいと思います。

過去に成人式を迎えた方々もそうだったのではないでしょうか?

でも、お客様の成人式のお話などを聞かせていただくと、変な髪型や、濃すぎるメイクをされてしまったなどの思い出話を聞くことが多いように感じます。当時の写真を見ると自分でも笑ってしまうというお客様もいます笑。

「携帯で写メ撮ってきて今度見せてください!」

と言うと確実に断られます。

(写メという言葉はすでに死語。という議題についてはまた次回です。)

「失敗例からも常に学ぶ姿勢を怠らないという僕の、美容師スキルを上げる手助けのためにも、どうかお願いします!」

と頼み込んでも断られます。

三つ指ついても断られます。

美容師として、知識欲を満たし、さらなる高みを目指したいだけですが、なかなか理解を得るのは難しそうですね‥。

引き続き来年の課題です。

何はともあれ、新成人おめでとうございます。

やっとお酒やタバコも正式に解禁ですね。

自分の行動には責任を持って納税していきましょう。


Kenji Suzuki
原宿、銀座などで、幅広い年齢層や、さまざまな髪質のお客様を担当させていただきながら、17年の経験を積んできました。 ほどよい抜け感のある決めすぎない、毎日のスタイリングが楽なヘアスタイルを提案させていただきます。 カラーやパーマ施術でも、お客様ひとりひとりの髪質・クセ・状態を見極めて1番適した薬剤を選定し、髪の傷みを最小限に抑えながら、自分の新たな一面を発見するお手伝いをさせていただきます。
関連記事