2017-06-09

ドライヤーを買い換える時に、覚えていてもらいたいこと。

普段ドライヤーを使っていると思いますが、今のドライヤーは何年くらい使ってますか?

5年、なかには10年というツワモノも!何も問題なくちゃんと使えていればいいのですが。

長年にわたり使っているとホコリや髪の毛がたまってしまったり、温風が出なくなったり、いきなり「パンッ!!」ってショートしたりすることもあります。

それでも使い続け、あの激動の昭和を生きてきた方たちが大好きなドリフの爆発ヘアみたいになってしまったら大変!!(僕も昭和生まれですよ)

でも本当に火事になったりしたら大変ですので調子が悪いなって思ったら、見えるホコリなどを取り除いてみたりしましょう。それでもダメなら新しく購入したほうがいいと思います。

風量が強いもの、マイナスイオンが出るもの、スタイリッシュで軽いけどお値段がはるダイソンなど、種類はいろいろありますね。

ドライヤーによっても髪のおさまり感とかツヤ感とかが変わったりするんですよ。

頭右半分は普通のドライヤー、

頭左半分はマイナスイオンドライヤー

を使って髪を半分ずつ乾かす実験をしたことありますが、やっぱりマイナスイオンドライヤーの方がおさまり感とかがいいんです!!

「大切なことは目には見えないんだよ」

友人のキツネが言ってました。コン。

‥‥マイナスイオンの事だったのかなぁ。

ドライヤーって一度購入したら壊れるまでなかなか買い替えないものだから、ちょっと奮発していいものを買ってもいいと思いますよー!それだけで日々のセットが楽になったり、髪が綺麗にまとまるなら、人生ハッピーですしね。

日に日に技術の進歩で、新しいドライヤーが誕生しています。

美容業界で話題のドライヤーなどもありますので、気軽に聞いてくださいね。


Kenji Suzuki
原宿、銀座などで、幅広い年齢層や、さまざまな髪質のお客様を担当させていただきながら、17年の経験を積んできました。 ほどよい抜け感のある決めすぎない、毎日のスタイリングが楽なヘアスタイルを提案させていただきます。 カラーやパーマ施術でも、お客様ひとりひとりの髪質・クセ・状態を見極めて1番適した薬剤を選定し、髪の傷みを最小限に抑えながら、自分の新たな一面を発見するお手伝いをさせていただきます。
関連記事