2018-07-23

【実例】〝くせ毛〟をいかしながら、大人の男性スタイルへ、イメージチェンジ。

□本日のお客様

Sさんは都内に勤務する、30代半ばの男性です。

仕事は基本的には私服ですが、たまにスーツを着ることもあるそうなので、その辺もふまえながら

〝大人の男性〟に似合うヘアスタイルにしていきたいです。

□来店時の髪の状態

□髪質データ

Sさんの髪質は

・くせ毛

・乾燥毛

・軟毛

・多毛

といった感じです。

伸びてくると〝くせ〟がより出てきてくるのと、もとの髪の量が多いので、〝モコモコ〟して、全体的に広がって見えやすい髪質です。

□カウンセリング&ご提案

全体的に伸びているのをスッキリ切りたいとのことで、

サイドはツーブロックで〝エッジ〟を効かせながら、スッキリさせつつ、

バックは〝刈り上げ〟でシャープで清潔感のある感じにしていくことになりました。

□施術工程

まずはシャンプーをして、髪本来の〝くせ〟を戻してからカットをスタートしていきます。

〝髪のくせ〟は髪を水に濡らすことで戻ります。

濡らすことで、髪の内部の〝水素結合〟というものが切断されるからです。

この〝水素結合〟は、髪が乾く時にまた再結合するので、この性質を使って「ブロー」が成立するんですね。

髪が濡れたまま寝てしまうと、そのまま乾いて形づくので、

〝寝グセ〟がつきやすい方はしっかり乾かしてあげると、つきにくくなります。

本来の髪のくせの状態が出ていない、来店時の髪のまま、

ドライカットなどをすると、危険な場合もあります。

ドライカットだけで済ませる〝ドライカット専門店〟のようなお店でカットして、

帰って自分でセットしてみたら、シルエットが変だった‥

などは、これも大きな要因のひとつです。(くせ毛の方は特に注意です)

□仕上がり☆

サイドのツーブロックは、あまり〝ヤンチャ〟すぎないように、ほんのりと。

バックは、〝頭の形が綺麗に見えるポイント〟をおさえながら、スッキリ刈り上げました。

□スタイリング方法

濡らした髪に「グリース」をつけて、〝ウエット〟で〝艶〟のある質感を出しながら、くせの毛流れを整えてセットすれば完了です。

□ビフォーアフター

Before

After

だいぶスッキリしていい感じになりました!

□本日のメニュー

カット ¥6000

total¥6000(+tax)

ーーーーーーーーーーーーーーー

男性でも〝くせ毛〟で悩む方は多くいらっしゃいます。

まずは〝ライン@〟からでも、気軽にご相談いただければと思います。


Kenji Suzuki
原宿、銀座などで、幅広い年齢層や、さまざまな髪質のお客様を担当させていただきながら、17年の経験を積んできました。 ほどよい抜け感のある決めすぎない、毎日のスタイリングが楽なヘアスタイルを提案させていただきます。 カラーやパーマ施術でも、お客様ひとりひとりの髪質・クセ・状態を見極めて1番適した薬剤を選定し、髪の傷みを最小限に抑えながら、自分の新たな一面を発見するお手伝いをさせていただきます。
関連記事