2017-03-03

常に最悪の状況も想定してカットへと臨む。

今日は3月3日、

耳の日ですね。

とゆうことで、ミミトーーク🌈

僕はカット中、耳周りを切る時に絶対に耳を切らないように細心の注意をはらっています!!(美容師として本当に当たり前のことですが。)

僕は切ったことありませんが、耳って切ってしまうともちろん痛いし、なかなか血が止まらなくなっちゃうんですよ‥。

実際にスタッフがお客様の大切な耳を切ってしまった現場を見たことありますが、血が止まらなく大変な様子でした

これからも初心を忘れずに本当に気をつけようって思います!!

3月になりこれからの季節、花粉症なんかでカットしてる最中に鼻がムズムズして突如クシャミが出たりする事もあるでしょう。

でも、

安心してください(もう古いのかな)

そんな最悪な場面も想定し、いきなりのクシャミも軽やかに受け流しつつカットするイメージは常にできてますので。

もし周りに、「美容院で耳切られた事あるよ芸人」がいましたらご一報くださいね。


Kenji Suzuki
原宿、銀座などで、幅広い年齢層や、さまざまな髪質のお客様を担当させていただきながら、17年の経験を積んできました。 ほどよい抜け感のある決めすぎない、毎日のスタイリングが楽なヘアスタイルを提案させていただきます。 カラーやパーマ施術でも、お客様ひとりひとりの髪質・クセ・状態を見極めて1番適した薬剤を選定し、髪の傷みを最小限に抑えながら、自分の新たな一面を発見するお手伝いをさせていただきます。
関連記事