2017-01-12

新たな趣味のレザークラフトを通じて、髪のことを想ってみる。

最近月に一度くらい、友人にレザークラフトなるものを教わっています。

レザークラフトとは革を使って色々なものを手作りしていくんです。

そんな本格的に教わる感じではなくなくゆるめな感じにですが。

でもこれがなかなか面白いんです!

一つ一つの作業工程をしっかりやらないと、仕上がりが綺麗になりません‥。

革を真っ直ぐ切るのも集中しないといけないし、縫うときの力の入れ方なんかが違ってもかわってきます。繊細な仕事が要求されます。

ものづくりということで、ちょっと美容師の仕事にも近いものがありますね!

丁寧な仕事をしないと綺麗なヘアスタイルが作れないですし。

また、髪を切るときお客様とお話しをしますが、革とも会話をしながらの作業なので、そこも近いかも笑。

そしてこれが、

僕の記念すべき作品第一号の

キーカバー!

革の師匠から20点の点数をいただきました!(100点満点中)

悪い出来ですが、自分で作ったものっていいですね。なんか愛着がわいて。

こんなのをブログに載せたなんていったら、師匠に怒られます笑。

いつかはバイクに取り付けるツーリングバッグなんかも作ってみたいですね。


Kenji Suzuki
原宿、銀座などで、幅広い年齢層や、さまざまな髪質のお客様を担当させていただきながら、17年の経験を積んできました。 ほどよい抜け感のある決めすぎない、毎日のスタイリングが楽なヘアスタイルを提案させていただきます。 カラーやパーマ施術でも、お客様ひとりひとりの髪質・クセ・状態を見極めて1番適した薬剤を選定し、髪の傷みを最小限に抑えながら、自分の新たな一面を発見するお手伝いをさせていただきます。
関連記事