2017-07-05

貴方がバッサリ髪を切るのを誰かが待っているということ。

突然ですが、ヘアドネーションって知ってますか??

髪の毛を伸ばしてバッサリとカットし、病気などで髪を失ってしまった方達にその長い髪の毛を寄付する活動のことです。

ですが、どんな髪でもいいというわけではなく、長さも30㎝以上とか、カラーやパーマはあまりしてないほうがいいとか、いろいろ規定などがあるみたいです。

もし、自分がもらう立場だとしても、やはり綺麗な美しい髪の毛がいいにきまってます。

パサパサの傷んだ髪では、ちょっと残念な気持ちもあると思います。

もし、ものすごいロングヘアからバッサリ切ってイメージチェンジをしようとしている方がいたら、一度ヘアドネーションも考えてみてはいかがでしょうか。

普段切った皆様の髪は、業務用のゴミとして処分してしまうので、それが必要とされる方に喜んでもらえるならいいですよね。

毎日大量に出る髪の毛をどうにかリサイクルというか、再利用できないかと思うことはあります。

細かい髪などもすべて集めて、溶かして、ところてんの出口をすごく細かくしたような感じの機械を使い、髪の毛を絞り出す。

そうすると、絹のような髪の完成。

そしてそれを寄付する。

いつか科学の力が発展して、そんな技術ができる日が早く来てほしいですね。


Kenji Suzuki
原宿、銀座などで、幅広い年齢層や、さまざまな髪質のお客様を担当させていただきながら、14年の経験を積んできました。 ほどよい抜け感のある決めすぎない、毎日のスタイリングが楽なヘアスタイルを提案させていただきます。 カラーやパーマ施術でも、お客様ひとりひとりの髪質・クセ・状態を見極めて1番適した薬剤を選定し、髪の傷みを最小限に抑えながら、自分の新たな一面を発見するお手伝いをさせていただきます。
関連記事