2017-09-15

Q.雑誌の切り抜きなどを美容院に持っていった方がいいですか??

Q.雑誌の切り抜きなどを美容院に持っていった方がいいですか??

A.はい、あったほうがなりたいイメージがきちんと伝わりやすいです。

なりたいイメージは決まっているけど、切り抜きを持っていくのって少し恥ずかしいなぁっていうお客様。けっこう多いです。

キム兄‥もといキムタクさんみたいな髪型にしたいけど、顔が違うよとか内心思われそうで嫌だとか、

マッキー‥もといガッキーちゃんみたいな髪型にしたいけど、顔の大きさが違うよとか内心思われそうで嫌だとか。

でも、本当にそんなことは一切思いません!!

なりたい髪型が明確にわかるので、今の状態からどこをどうすれば近づけていけるのかがわかり、お互いのズレもなくスムーズですよね。

今の状態だと目標の髪形にするには、ここの髪の長さが足りないからこの部分は頑張って伸ばしつつ、こうしていきましょうとかって話になりますよね。

ヘアカタログももちろん用意してますが、探しても探してもそこに自分のしたい髪形がない場合もありますしね。

最近はケータイの画像で見せてくれる方も多いです!

カメラで撮ってきてもいいですし、過去に自分がしていた髪型の写真でもいいです。

コレにしたいっていうのがあれば、ためらわずにお持ちくださいね。

《少し恥ずかしいんだけど雑誌の切り抜きを持っていくのが私の生き方派》の方は、目に横線をひいてきてもいいですね。

例.

以上美容院あるある探検隊でした。


Kenji Suzuki
原宿、銀座などで、幅広い年齢層や、さまざまな髪質のお客様を担当させていただきながら、14年の経験を積んできました。 ほどよい抜け感のある決めすぎない、毎日のスタイリングが楽なヘアスタイルを提案させていただきます。 カラーやパーマ施術でも、お客様ひとりひとりの髪質・クセ・状態を見極めて1番適した薬剤を選定し、髪の傷みを最小限に抑えながら、自分の新たな一面を発見するお手伝いをさせていただきます。
関連記事